何でも敏感な赤ちゃん|生まれたてでも便秘になる

乳児

赤ちゃんとドライブ

赤子と手

安全のために

チャイルドシートは平成12年に改正された道路交通法によって義務化されています。小さな赤ちゃんを事故の衝撃から守るためにも、必ず正しく着用しなければなりません。チャイルドシート未使用の場合の死亡重症者の割合は、使用者の約2倍になるというデータもあります。中にはチャイルドシートを嫌がって泣いてしまう赤ちゃんもいますが、やはり安全第一です。お気に入りのオモチャを持たせたり、お母さんが隣に座ったりして慣らしてあげましょう。チャイルドシートには様々な種類がありますが、それぞれの月齢や体格に合ったものを選ぶようにします。車種によっては取り付けられないタイプもありますので、実際に取り付ける車と適合性があるかどうかも事前に確認しましょう。また、国の安全基準を満たしたEマークが添付されているチャイルドシートを購入するようにして下さい。

選び方と工夫

チャイルドシートは前述した通り様々な種類があります。大きく分けると乳児用、幼児用、学童用の3つです。使用義務は6歳未満の子供となっていますがシートベルトは身長140cm以上を対象として作られているため、対象年齢を超えても体格がそれ以下であれば安全のためにチャイルドシートを着用するようにします。また、チャイルドシート自体にも対象年齢や適応身長・体重が定められているため、お子様の成長によって使い分ける必要があります。しかし決して安い物ではないので、なかなか気軽に買い替えられませんよね。最近では長い期間使用出来るように年齢に合わせて形を変えられるモデルも販売されています。またチャイルドシートを使用する期間は限定されているので、レンタルやリサイクル品をうまく活用するのもオススメです。自治体によっては購入の際に補助金を受け取れたり貸出サービスを行っている所もありますので事前に確認してみましょう。赤ちゃんを連れてのお出かけには車が便利な事も多いです。チャイルドシートを正しく使用して、安全にドライブを楽しみましょう。